前へ
次へ

Iphone修理の正規店と非正規店

Iphoneをガラス割れやバッテリーの不具合などでIphone修理に出す場合、正規店では日数がかかってしまい、直ぐ使いたい場合は困るものです。そのような時に役に立つのが、非正規の修理店で、最近では街のあちこちに見かけるようになりました。正規店と非正規店の違いは、アップルから認められているかどうかにより、正規店では純正の修理部品を仕入れているわけです。それに対して、非正規店では純正の部品も扱っていますが、そうでない部品も使う場合があります。純正品ではないと言っても、Iphoneは世界中で流通しており、純正と質的に殆ど変わらない部品も多く出回っているわけです。それ故、正規店ではなくても、同じ品質の部品を安く調達することができます。Iphone修理の技術に関しては、正規店の技術者から指導を受けたり、マニュアルが受け継がれたりすることもあります。アメリカなどのWEBサイトでは、修理工程についても情報が載っており、それを参考に修理を行う店もあります。

Page Top